コーポレートガバナンス・サミットへのお申込み

 

コーポレートガバナンス・コードの施行以降、日本企業のガバナンスに対する意識が高まってきています。ガバナンス体制の両輪を成す指名と報酬の両委員会を見ると、多くの大企業で形式的な整備が急ピッチで進められてきました。ただし、形式を超えてどこまで実のある仕組みが作られているのか、どんな議論が行われているのかは、あまり公にはなっていません。そこで、日本を代表する大手企業約30社に対して、役員の指名・報酬の実態に関する詳細なインタビュー調査を実施いたしました。この調査結果から、これまで明らかにされてこなかった、非常に興味深い事実が見えてきました。今回は、コーポレートガバナンスの分野で著名な東京都立大学の松田千恵子教授をお招きし、日本企業における役員の指名・報酬の実態と課題について論じてまいります。

調査に関するプレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000059.000030621.html

 

【プログラムと登壇者】

1 基調プレゼンテーション:「コーポレートガバナンスの新潮流」

東京都立大学 大学院 経営学研究科/経済経営学部 教授 松田 千恵子

2 講演:「役員の指名と報酬に関する実態調査の結果について」

コーン・フェリー・ジャパン コンサルティング部門責任者 柴田 彰

3 パネルディスカッション「日本企業が目指すべき役員の指名と報酬のあり方」

<パネリスト>

東京都立大学 大学院 経営学研究科/経済経営学部 教授 松田 千恵子

コーン・フェリー・ジャパン コンサルティング部門責任者 柴田 彰

<モデレーター>

グロービス・コーポレート・エデュケーション マネジング・ディレクター 西 恵一郎

 

【日時】 2023年4月28日(金)15:00-17:00

【対象】経営者、取締役、社外取締役、経営企画、社長室、秘書室、総務、人事など、コーポレートガバナンスに関連する部署のご責任者、ご担当者様 ※ご同業の方、個人の方はお断りさせていただく場合がございます。

【実施方法】Zoomによるオンラインセミナー形式

【参加費】無料

【お問合せ】 コーン・フェリー 東京オフィス セミナー事務局

E-mail:infojapan@kornferry.com

 

松田 千恵子 / CHIEKO MATSUDA
東京都立大学 大学院 経営学研究科/経済経営学部 教授

全社戦略(事業ポートフォリオマネジメント)、財務戦略と企業統治に関する研究、教育、実務に携わる。株式会社日本長期信用銀行にて国際審査、海外営業等を担当後、ムーディーズジャパン株式会社格付けアナリストを経て、経営戦略コンサルティング会社である株式会社コーポレイトディレクション、ブーズ・アレン・ハミルトン株式会社でパートナーを務め、現在に至る。

東京外国語大学外国語学部卒、仏国立ポンゼ・ショセ国際経営大学院経営学修士、筑波大学大学院企業科学研究科博士後期課程修了、経営学(博士)。一橋大学 大学院 経営管理研究科特任教授。日本CFO協会主任研究委員。その他、事業会社の社外取締役、政府・公的機関の委員等を務める。

著書に「グループ経営入門 第四版」(税務経理協会)、「これならわかるコーポレートガバナンスの教科書」(日経BP社)、「ESG経営を強くするコーポレートガバナンスの実践」(日経BP社)、「サステナブル経営と資本市場」(日本経済新聞出版社、共著)、「経営改革の教室」(中央経済社)、「サステナブル経営とコーポレートガバナンスの進化」(日経BP社)、「事業ポートフォリオマネジメント入門」(中央経済社)、「全社戦略-グループ経営の理論と実践」(ダイヤモンド社)等。

 

柴田 彰 / AKIRA SHIBATA
コーン・フェリー・ジャパン コンサルティング部門責任者、シニア クライアント パートナー

慶應義塾大学文学部卒業後、PWCコンサルティング(現IBM)、フライシュマンヒラードを経て現職。コーン・フェリー ジャパンにおいて、組織・人事に関する幅広いテーマを取り扱うコンサルティング部門を統括。近年は特に、役員体制の再構築、役員の評価・報酬制度設計、経営者サクセッション、指名・報酬委員会の運営支援など、ガバナンスや役員に関わるコンサルティング経験が豊富。著書に『ジョブ型人事制度の教科書』、『エンゲージメント経営』、『人材トランスフォーメーション』、『経営戦略としての取締役・執行役員改革』(以上、日本能率協会マネジメントセンター)、共著に『企業競争力を高めるこれからの人事の方向性』『職務基準の人事制度』(労務行政研究所)、『VUCA 変化の時代を生き抜く7つの条件』(日本経済新聞出版社)ほか。寄稿に『日経ビジネスオンライン』、『企業会計』、『企業と人材』、『労働新聞』、『人事マネジメント』ほか。ジョブ型人事制度、社員エンゲージメント、コーポレートガバナンスなどに関する講演多数。

 

西 恵一郎 / KEIICHIRO NISHI
グロービス・コーポレート・エデュケーション マネジング・ディレクター

早稲田大学卒業。INSEAD International Executive Program修了。三菱商事株式会社に入社し、不動産証券化、コンビニエンスストアの物流網構築、商業施設開発のプロジェクトマネジメント業務に従事。B2C向けのサービス企業を立ち上げ共同責任者として会社を運営。グロービスの企業研修部門にて組織開発、人材育成を担当し、これまで大手外資企業のグローバルセールスメソッドの浸透、消費財企業のグローバル展開に向けた組織開発、大手IT企業のHRBP推進他、多くの組織変革に従事。グロービス初の海外法人を立上げ、現地法人の経営を行う。現在はコーポレート・エデュケーション部門マネジング・ディレクター兼中国法人の董事を務める。講師はグローバル戦略、リーダーシップ、アクションラーニングを担当。経済同友会の中国委員会副委員長(2018、2019)、日中交流PT委員(2020)。

専門家に問い合わせる

オススメの記事