『ジョブ型と課長の仕事 役割・達成責任・自己成長』/綱島 邦夫 著(日本能率協会マネジメントセンター刊)

今、日本のビジネス界で話題のジョブ型雇用ですが、現在は制度や運用に関する会社側の視点での議論が中心で、社員目線での議論が不足しています。本書では様々な業界でグローバルにコンサルティングに関わってきた著者が、社員層の中心にある課長級人材が「ジョブ」型雇用の中で活躍し、日本企業のイノベーションと成長の復活に貢献するための「基本」と「規律」を説いています。彼・彼女らがピラミッド型のヒエラルキーの壁を破り、21世紀の経営にボトムアップで貢献するためのマインドセットの変革、活力あるチームを創り、本来の(自主的)目標管理を進め、顧客起点でのアイデアを想像し、実現するための思考と行動様式、さらには長期に渡って成長を続けるための指針を紹介しています。第一線の社員を対象とした実用書でありながら、経営者や人事の責任者にも将来のあるべき社員像を考えていただく参考になる本です。

Amazon

 

著者自らが本書に込めた思いをしたためた副読本を以下からダウンロードいただけます。
https://focus.kornferry.com/ja/books/jobgatakacho-hukudokuhon/

 

専門家に問い合わせる

オススメの記事