コーポレートガバナンス・コードの改定・施行を契機に、取締役会と執行体制それぞれの高度化を支援

コーン・フェリーは、役員改革のコンサルティング事業を強化します。2021年6月に施行されたコーポレートガバナンス・コードの改定に沿った取締役会の機能強化を実現し、同時に執行側である経営陣に執行力を強化する支援を提供することで、持続的な企業価値向上を実現する経営体制の構築を支援します。

2021年6月に改定・施行されたコーポレートガバナンス・コードは、プライム市場へ上場する会社は取締役会メンバーの3分の1以上を社外取締役とする事などの形式面と同時に、社会・環境問題をはじめとするサステナビリティや多様性を確保し持続的な成長を目指す実質面での強化が求められました。これらの変革は、取締役会の機能強化と同時に戦略の実現やコンプライアンスの順守を執行面で実現する執行体制の改革も迫ります。

コーン・フェリーは、これまでも取締役会及び経営トップ層に対する支援を行ってきましたが、この度、基幹ソリューションとして、日本企業の取締役会と経営陣それぞれを強化し、持続的な企業価値向上を実現するための「役員改革」コンサルティングサービスを強化します。グローバルなコンサルティングファームとして世界のベストプラクティスと最先端のリサーチを活かし、取締役会の強化・改革、CEOおよび執行役員の後継計画、指名・報酬委員会の運営、(社外取締役をはじめ)外部人材の招聘などのサービスを提供します。

■参考文献
同分野におけるコーン・フェリーの出版物
取締役会の仕事』(2014年、日経BP社)
TALENT WINS』(2019年、日本経済新聞出版社)

専門家に問い合わせる

オススメの記事