世界のトップ企業はいかにタレントマネジメント施策をリフレッシュ(刷新)またはディスラプト(創造的破壊)しているのか

未来の仕事風景が気になりますか? それなら英国公共放送BBCのウェブサイトを訪れてみてください。「自分の仕事はロボットに取って代わられるか?」といった質問にシンプルに答えてくれるでしょう。

人工知能は、今後10年間にグローバルの労働力に影響を及ぼす数多ある要因の1つにすぎません。 他にはフリーランスの拡大(自営業者は現在、英国の労働力の1/4を占めている)や熟練労働者の大規模な不足があり、最近の調査によると2030年までに世界経済全体で8.5兆ドルもの得られたはずの収益を失う可能性があります。

労働力自体にも劇的な変化が生じており、2025年までにミレニアル世代が全従業員の75%を占めると予測されています。この世代はデジタル世界のみを生きてきた人たちで、彼・彼女らが企業の幹部やCスイートなどの役職に到達したとき、何十年も前から変わらないプロセスやソリューションに対応できるかは未知数です。

変化の速度と度合いは、企業のタレントマネジメントのアプローチにも明白な示唆をもたらしています。少なくともタレントマネジメント施策をリフレッシュ(刷新)する必要はあるでしょうし、過去に存在しなかった市場に身を置く組織にとっては、タレントマネジメントのソリューションをディスラプト(創造的に破壊)する必要すら生じるかもしれません。

タレントマネジメント戦略がどのように再構成されるかについて知るために、コーン・フェリーは世界の有力企業29社と詳細なインタビュー調査を行いました。その目的は、仕事世界に生じている地殻変動に対して、企業がどう反応しているか理解し、分析することです。
本文はPDFをダウンロードしてお読みください。
英語版は以下でご覧いただけます。
専門家に問い合わせる

オススメの記事