2020年5月、アメリカ・ミネソタ州で黒人男性が警察官に首を押さえつけられ死亡した事件をきっかけに、全米各地で抗議デモが起きています。これを受け、コーン・フェリーでは黒人社員4人とCEO Gary Burnisonによる緊急討論会を実施しました。黒人社員が自身の身に起きた痛ましい経験を語り、Gary BurnisonはあらゆるCEOがアウトソースすべきでない重大な事項だと訴えています。この問題は日本企業にとっても対岸の火事とは決して言えないでしょう。

 

 

以下から全4回のWebinarシリーズに登録いただけます。

https://www.kornferry.com/insights/learning/webinars/racism-matters

専門家に問い合わせる

オススメの記事