コーン・フェリーでは、デジタル・サステナビリティを実現するためにリーダーが果たす役割について、ホワイトペーパーLeader for the Digital Ageにまとめています。その日本語版をダウンロードいただけます。

今、世界はかつてない規模のビジネスパラダイムシフトに直面しており、組織は旧態依然とした構造を解体し、俊敏かつ迅速に行動できる柔軟なネットワークへと変化することが急務となっています。

そのためには、単にビジネスモデルを見直すだけではなく、大規模な企業文化の変革が必要です。今日の組織は目的に適合した構造を主眼に構築され、効率よく実行し予測可能な結果を生み出すよう設計されています。しかし、不安定で曖昧な環境下では、これらの強みが弱みになりえます。組織やリーダーは、もはや「目的への適応」だけでは不十分で、「未来への適応」を目指す必要があります。

コーン・フェリーでは、この変革を「デジタル・サスティナビリティへの旅」と表現しています。

デジタル・サステイナビリティの実現のためには、複雑なマトリクス構造を解消し、絶えず適応し変化し続ける能力を組織のDNAに組み込む必要があります。

多くの CEO は、この旅の必要性を認識しているものの、テクノロジーや有形資産に力を注ぐ一方で人材の価値を大幅に過小評価しています(Crandall et al, 2016)。これは課題の本質を見誤ることにつながります。 ハーバード・ビジネス・レビューの調査結果によると、企業が直面する最大の問題は、優れたテクノロジーの欠如ではなく、トップダウンの構造、試行錯誤を通したイノベーションの不足、限られたチェンジマネジメント能力、レガシーシステム、リスク回避の文化、サイロを超えた仕事の欠如に起因しています(HBR, 2016)。

このような規模の変化を生み出し、持続的なものにしていくには、組織にはデジタル時代のリーダーという新しいタイプのリーダーが必要であることは明らかです。

以降のページでは、デジタル・サステナビリティへの旅においてリーダーが果たす中心的な役割を掘り下げ、成功のために必要な性格特性、コンピテンシー、動機を分析します。

 

続きはホワイトペーパーをダウンロードしてご覧ください。

英語版はこちらからご覧いただけます。

専門家に問い合わせる

オススメの記事