グローバル市場のスピード、不確実性、複雑性が増すにつれ、リーダーは、変化に適応しながらビジネスを軌道に乗せることで、この目まぐるしく変化する状況を乗り切る術を身につけなければなりません。このような困難かつ好機でもある状況において、経験豊富なコーチはエグゼクティブにとって非常に大きな支えとなります。しかし、コーチは、ビジネスの進化と並行して、リアルタイムでテクノロジーを駆使したコーチングをグローバルに展開し、個人だけでなくシステムやチームにも適用できるような方法論に拡張していかなければなりません。リーダーが、ビジョン、共通理解、戦略の明確化を通じて従業員を巻き込み、不確実な時代に立ち向かう敏捷性を身につけなければならないのと同様に、コーチもまたアジリティ(敏捷性)が高くなければならないのです。不確実性を受け入れ、複雑性を乗り越えて前進し、クライアントに発見と賢明な実行、そして継続的な発展をもたらす能力を養わなければならないのです。

このすべてを達成するためには、何が必要でしょうか。この問いに答えるため、コーン・フェリーでは世界中の200人以上のコーチを対象に調査を行いました。対象となったコーチは、何千人ものシニアリーダーに対し、コーチ、指導、助言するプロフェッショナルである、コーン・フェリーのコーチングネットワークの参加者です。一般的に10年以上の経験を持ち(64%)、20年以上の経験を持つ人も多く(19%)います。全員が有資格者で、そのうち28%は国際コーチ連盟(ICF)の認定を受けています。回答者の大半は北米における実務者(66%)ですが、ヨーロッパ、中東、アフリカ(19%)、アジア太平洋地域(12%)、ラテンアメリカ(3%)の出身者も少なくありません。リーダーが最も頻繁に直面する課題、クライアントに対して最も頻繁に行うコーチングの方法、複雑で不確実なビジネス環境下で企業をリードするために最も必要だと考えるコンピテンシーといった質問に回答しています。

 

全文はホワイトペーパーをダウンロードしてご覧ください。

専門家に問い合わせる

オススメの記事