2022年の人材採用におけるトレンドは? コーン・フェリーがグローバルで発表した最新レポートの日本語版をダウンロードいただけます。英語版はこちら

ここ数年、企業は人材プールの縮小に悩まされてきましたが、世界的なパンデミックにより、この人材難はかなり加速し、解決の見通しは立っていません。

コーン・フェリーの2021年9月の調査によると、専門家の55%が従業員の離職率は来年も増加する一方だと考えています。2022年に向けて、企業は人材の獲得と繋ぎ留めについて、より広範に考慮する必要があります。検討すべき項目は、給与やボーナスを含めたリワード、福利厚生、人材の学習・開発
(L&D)、ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン(DE&I)まで含まれます。コーン・フェリーは、世界中の人材採用の専門家から得た情報をもとに、候補者の体験に最も影響を与える12の主要トレンドを特定しました。

専門家に問い合わせる

オススメの記事